妊婦治療・お子さまの治療・予防

お子さまを虫歯から守るために

正しい歯磨きと仕上げ磨き

お子さまの歯磨きだけでは不十分なことが多いので、必ず仕上げ磨きは行うようにしましょう。なお、歯磨きだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなども活用しましょう。

歯並び

お子さまの歯並びが悪い場合、磨きにくい部分から虫歯になる可能性があります。ママやパパが、お子さまの歯並びの悪さに気づいたら、歯科医師にご相談ください。

フッ素、シーラント

虫歯になりにくくさせるフッ素を塗布したり、奥歯の溝をシーラントするなどをすると、虫歯になるリスクを軽減できます。

乳歯でも虫歯を放置しないで!!

お子さまの虫歯を放置することは、絶対に避けましょう。「どうせ永久歯に生え変わるから問題ない」とお考えの親御さんもいらっしゃいますが、乳歯と永久歯は段階的に入れ替わります。その結果、せっかく健康に生えてきた永久歯まで、虫歯菌に侵される状態が続くことになります。

また、そもそも虫歯になってしまう生活環境を改善しないことには、永久歯も自然と虫歯になってしまう可能性が高いといえます。

お子さまから予防が大切です

かかりつけの歯科医院があり、物心ついた頃から検診で通院していると、自然と予防歯科の心構えがお子さまの心の中で育まれ、歯磨きを率先して行えるようになります。
また、万が一虫歯になってしまった場合でも、歯科医に対する恐怖心が薄いため、進んで治療に向かうことができます。

お子さまが歯医者さん嫌いにならないために

当院では、たとえ患者さまがお子さまであっても、しっかりと話をして、納得していただいてから治療を開始します。
無理やり治療を行うと、その反動で歯医者嫌いになり、将来に悪い影響を与えてしまいかねません。そうならないためにも、まずは信頼関係を築くことが大切だと考えています。

年齢別トラブル

0歳~3歳のお子さまが陥りがちの歯のトラブルとその処置

乳歯の段階で虫歯が多いと、永久歯にも多くなる傾向があります。お母さんやお父さんの責任として、お子さまのお口の健康はしっかりと管理しましょう。

3歳~6歳のお子さまが陥りがちの歯のトラブルとその処置

お子さまが活動的になってくると、転倒して前歯を脱臼するような場合もあります。乳歯が脱臼すると、その下にある永久歯の生え方に影響が出る場合もあるので、歯科医院で診察しましょう。

6歳~12歳のお子さまが陥りがちの歯のトラブルとその処置

お子さまの歯並びが気になった場合は、矯正が必要かどうか歯科医院に相談しましょう。
通常、小児矯正は永久歯が生えそろった段階でスタートします。ただし、反対咬合(受け口)の場合はより早めの段階でスタートします。矯正開始のタイミングはケースバイケースなので、早めの相談をお勧めします。

矯正歯科

妊婦治療

妊婦さんが陥りがちな歯のトラブル

女性は妊娠をするとホルモンのバランスが変わり、歯肉炎や妊娠性の歯周炎を発症しやすくなります。
また、つわりの気持ち悪さなどが原因で歯磨きを怠るようになることも、お口の衛生環境の悪化につながります。
いったん虫歯や歯周病にかかると、妊娠中は治療に限りがあります。妊婦さんは、人一倍、お口の健康にご注意ください。

川原歯科医院での治療

妊娠中のレントゲン検査や投薬治療は、リスクを伴う場合もあります。そのため当院では、妊婦さんの歯の治療は、原則として安定期の期間に行います。その期間であれば、麻酔が必要な場合は処置が可能です。
妊婦さんは、歯の健康に注意するからこそ、日頃より多めに定期検診に来てください。

医院名 川原歯科医院
住所 〒471-0805 愛知県豊田市美里2-3-12
TEL 0565-80-3050
駐車場 無料駐車場有り
診療時間日祝
9:00-12:30 - -
14:30-19:00 - -

▲…14:30-18:00
休診日:木曜・日曜・祝日(不定期)

TEL 0565-80-3050 診療時間 9:00-12:30 14:30-19:00 ※土曜午後
14:30-18:00 木曜・日曜・祝日(不定期)休診